医療脱毛とは何が違うの?

医療脱毛とサロン脱毛の違い

医療脱毛とサロン脱毛の違い

恋肌(こいはだ)のような全身脱毛サロンと、医療脱毛クリニックは何が違うの?と疑問に思う人もいるでしょう。


脱毛サロンと医療脱毛クリニックの大きな違いは、一つには脱毛方法です。医療脱毛ではレーザー脱毛が使われるのに対して、脱毛サロンでは光脱毛が使われます。


もう一つには、(レーザー脱毛が使われる関係で)医療脱毛は医師法という法律の規制を受けます。脱毛サロンには、とくに医師法のような法規制はありません。


医療脱毛クリニック 脱毛サロン
(脱毛方法)レーザー脱毛 (脱毛方法)光脱毛
(法規制)医師法の規制を受ける (法規制)医師法の規制を受けない


医療脱毛に属する脱毛方法

ニードル脱毛

医療脱毛クリニックで主流になっている脱毛方法はレーザー脱毛ですが、ニードル脱毛も医療脱毛に含まれます。


ニードル脱毛は針脱毛とも呼ばれ、レーザー脱毛よりも歴史が古いものです。文字通り、電気針を毛穴に刺して脱毛する方法です。


痛そうに感じられますが、実際、非常に痛いです。


ニードル脱毛は、じつは現代でも最も効果が高い脱毛施術方法と言われていて、最高の脱毛効果を得るために、あえてニードル脱毛を選択する人々も(ごく少数ですが)います。


ニードル脱毛の弱点は、非常に痛いこと、ムダ毛を一本ずつ施術して行く方法で非常に時間がかかること、結果的に非常に高価になること、です。


レーザー脱毛は、こうしたニードル脱毛の弱点を解決するものとして開発されました。そして、そのレーザー脱毛の弱点をさらに改善するものとして考案されたのが光脱毛となります。


医療脱毛は体への負担が大きい

医療脱毛は、「痛い」つまり身体への負担が大きいため、医師が常駐する医療機関でないと施術することができません。


法的にも、医師法の規制を受けていて、行政の厳密な管理下にあります。安心・安全性は高いと言えますが、医療機関を運営するためには、医師の常駐、看護師の確保などが必要となり、脱毛施術の費用はどうしても高額になってしまいます。


脱毛サロンは、出力の弱い光脱毛を採用することで、医師法の規制を回避。こうした医療脱毛クリニックの弱点を補うことができる存在として、人気を集めているのです。


全身脱毛サロン『恋肌(こいはだ)名古屋栄店』について紹介しています。格安料金で全身脱毛したい人は、TOPページから詳細を確認してみてください。脱毛情報なども順次追加しています!