恋肌(こいはだ)で採用されている光脱毛

恋肌(こいはだ)で採用されている光脱毛

光脱毛

恋肌(こいはだ)では光脱毛(ひかりだつもう)が採用されています。光脱毛は、現在主要な脱毛方法のなかでは最も新しいものです。


光脱毛には、これまでのレーザー脱毛と比較して、痛みが少なく、施術料金も安いという特徴があります。


光脱毛にはいくつか呼び方がありますが、フラッシュ脱毛とかIPL脱毛というのも同じ意味です。


光脱毛が脱毛効果を起こす仕組みは、基本的にレーザー脱毛と同じです。照射した光のを、ムダ毛の毛根部に伝えて、熱でムダ毛を生やす機能にダメージを与えることで脱毛効果を発生させています。


ポイントは、直接にムダ毛の毛根部を熱するわけではないということです。照射した光の熱を、ムダ毛の黒色のメラニンに吸収させて、その熱を毛根部に伝えるという、間接的な方法なのです。


光脱毛で脱毛が起こる順序は、次のようになります。

@光脱毛の脱毛器から光を照射する。
A照射された光の熱が、ムダ毛の黒色のメラニンに吸収される。
Bその熱が、ムダ毛の毛根部にまで伝わる。
C毛根部のムダ毛を生やす機能にダメージを与える。


光脱毛の施術ができない状況もあります

光脱毛の施術ができない状況

光脱毛は、照射した光の熱を、ムダ毛の黒色のメラニンを介して、間接的に、ムダ毛の毛根部に伝えるという方法です。


このため、メラニンのように色が濃い部分、色が濃い状況だと、光脱毛の施術ができない場合もあるのです。


日常生活で起きる代表的なものは、日焼けが酷い場合です。


日焼けが酷い状態で、肌がかなり黒くなってしまっている場合、光脱毛の脱毛器から照射した光の熱が、ムダ毛のメラニンだけでなく、肌のメラニンも熱してしまいます。その結果、軽度のやけどのような状態になってしまう危険性があるのです。


光脱毛の施術ができない状況の代表的なものは、次の通りです。

@日焼けが酷い場合。
A入れ墨などがある部位。
B色の濃いあざがある部位。


ほくろ程度であれば問題なく施術できる場合がほとんどですが、比較的広い範囲に、色が濃いあざがある場合は、光脱毛の施術が行えないこともあります。


恋肌(こいはだ)のような全身脱毛サロンは、必ず無料カウンセリングを実施しています。「ここが気になる!ここって脱毛できるの?」という気になる部位がある人は、無料カウンセリングの時に確認してみると良いでしょう。


無料カウンセリングは、疑問を解消する場ですので、みんな色々な質問をしています。恥ずかしがる必要はありません。分からないことは、どんどん聞いてみることをおすすめします。


全身脱毛サロン『恋肌(こいはだ)名古屋栄店』について紹介しています。格安料金で全身脱毛したい人は、TOPページから詳細を確認してみてください。脱毛情報なども順次追加しています!